+獣医のペット病院ウラ話!?分かりやすい?犬の病気>よく言われる鳥の骨の話

よく言われる鳥の骨の話

よく「鳥の骨は危ないから食べさせてはだめ!」なんて言われます。
でも何がどう危なくて、どのくらいの危険性なのかは知らない方も多いです。

まず「鳥の骨は体に悪い」と思っている飼い主さんが
たまにいらっしゃいますが、そんなことはありません。
危険な理由は「骨の割れ方が鋭い」からです。

この骨の破片が食道に刺さってしまうとまずいからですね。
そしてここでまた、「食道を通過しても腸とかを通るときも危ないのでは?」
と思われる飼い主さんもいらっしゃいますね。

胃の出口は非常に狭いです!
胃に入った骨の破片は、胃の強力な消化液で
しっかりと消化されて、腸に運ばれます。
なので、腸の心配とかはいらないのです。

つまり、鳥の骨が危ない→食道が傷つくから、で良い訳ですね。

そして、危険性について。
ワンちゃんはあまり物を噛む必要のない動物です。
鳥の骨なんかは、取りあげられちゃうのが嫌なこともあって、
大体丸ごと飲み込んでしまいます。

実際何年にもわたって鳥の骨を食べさせていた方もいますが、
実際に鳥の骨が食道を傷つけた!ということは滅多に起こりません。

別に「鳥の骨を食べさせてください」と言っている訳ではないですからね。
「鳥の骨を食べさせちゃった!!どうしよう!!」と
慌てることはないですよ、という話です。

慌てるのはワンちゃんに異変が起こってからで充分です。
しかしながら、焼いた鳥の骨など、割れ方を鋭くするような処理をした
鳥の骨は安全とはもちろんいえませんから、十分に注意してくださいね。


関連コンテンツ
応急処置:犬の緊急事態に

緊急事態に備えましょう


+獣医のペット病院ウラ話!?Topへ
+獣医のペット用品ウラ話+獣医の犬・猫の為の手作りフード
+獣医の犬介護入門+獣医のペットリラクゼーション+獣医の小動物ウラ話!?

犬,猫