+獣医のペット病院ウラ話!?ペット病院の井戸端>AAFCOと日本のペットフード どうなの?日本のペットフード

AAFCOと日本のペットフード

日本のペットフードには、品質や安全性を規制する法律って
全く存在しない
事、皆さんご存知ですか?
日本と言うのは本当にペットに関して他国よりも遅れているんです。
実はペットフードに関する、農林水産省の管轄さえ、はっきりと決まっていません(怒)

家畜に関しては、「私たち人間の口に入るもの」ということで
飼料安全法といった法律があるんですけどねぇ。


ペットフード公正取引協議会
業界の組織で、国の管轄では無いですが「ペットフード公正取引協議会」という
ペットフードの必要表示を決めている協議会があります。
この協議会が悪質なペットフードなどを一応取り締まってくれているんです。
内容は次の通り

・ドッグフードかキャットフードか(当たり前です!)
・そのフードの目的(主食なのかおやつなのか、他の目的なのか)
・給与方法(どのくらいどうやってあげればいいのか)
・製造年月日、または賞味期限
・内容量
・成分
・原材料
・原産国
・事業者はどこか

全部当たり前の事ですが、きっとこの協議会が無いとこれすら表示しない
悪質ペットフード業者が、今よりも氾濫してしまっているんでしょうね〜。


飼料添加物の規制って?
ペットフード工業会の技術安全委員会が、食品衛生法・飼料安全法を参考に、
また、ヨーロッパ・アメリカの添加物規制を参考にレポートを作成しています。
問題は「各メーカーに配布し、注意を促している」ということですね。
違反してもどうこうと言うことは無いんです。


じゃあアメリカを見てみましょう
アメリカは凄いですよ〜。
連邦政府、州政府、と二つの管轄でペットフードが規制されています。
この時点で日本は白旗状態ですねぇ。

原料の安全性や製造施設に関しての規制などがあり、これはなんと
「人間の食品に対しての規制と全く同じレベル」です!


AAFCO(米国飼料検査官協会)
アアフコまたはアフコと呼びます。
AAFCOが提唱しているのは次のような表示になります。

・栄養素に関するラベル表示や栄養基準
・犬・猫の食事で何が必要かを数値にしている
・成長期・妊娠出産期・成犬用で異なる基準
・給与試験の実施
・研究室での分析

そして、一番AAFCOで重要なのが、給与試験。
この給与試験を通過する事が、現段階では世界で一番
権威あるフードの資格とでも言いましょうか、
声高らかに「AAFCOのテスト受かってるよー!」と
言えるようなフードとなるのです(笑)


AAFCOを通過すると・・・
「AAFCO(米国飼料検査官協会)の給与基準をクリア」
という表示が出来、この表示の入ったフードは良質なフードであると言えます。
(ただし、添加物などに関しては完璧とは言えないので注意)

人間と同じレベルの審査に通過し、給与試験・研究室での確認作業も済ませた
訳ですから、日本で作られたほぼ基準無しのフードよりもちろん安心感はあります。

ただ、こういった表示さえ悪用しようとする業者はいるもので・・・
「AAFCO認定」、「AAFCO承認」、「AAFCO合格」などは違反表示ですし、
その他「AAFCOの基準を参考に製造」「AAFCOで認められたフードメーカーです」
など言葉の使いまわしによってズルをしようとする業者もあります。

または開き直って、
「この製品は、第三者機関での分析により、
 AAFCOの承認する栄養基準を満たしています」と、
AAFCOの名前を出しているだけで何の意味も無い場合もあります(笑)

ただ、こういった表示をする=いつ調べられてもおかしくない
と言う事にはなるでしょうから、業者としてもそれ相応の自信作
あるいは開き直りがある場合に限られるかも知れません^^;
さて、皆さんのフードはいかがでしょう。


動物病院のドッグフード

お勧めのフードを紹介します。
二つだけです。



+獣医のペット病院ウラ話!?Topへ

+獣医のペット病院ウラ話!?Top
サイトマップ
ちょっと真剣にペットの話

おすすめスペース

+獣医のシリーズ
+獣医の小動物ウラ話!?
+獣医の犬・猫の為の手作りフード
+獣医のペットリラクゼーション
+獣医の犬猫介護入門
+獣医のペット用品ウラ話!?





犬,猫